中1理科

光と音、力と圧力、物質のすがた、水溶液、状態変化、火山と地震、地層の重なりと過去の様子、生物の観察、植物の体のつくりと働き、植物の仲間を学びます

中1理科

状態変化グラフと、トロトロ肉を作る圧力鍋の発明

物質は固体・液体・気体と三態を持ち、温度によって状態変化します。 では、冷たい物質を温めていったとき、何℃の時点で融解し、そして沸騰するのでしょうか?融解が始まる温度のことを融点といい、沸騰が始まる温度のことを沸点といい...
中1理科

氷が水に浮くありがたさ。不思議な「水」の化学

物質が、 固体液体気体 と状態変化する理由は、全て分子の振る舞い方にあります。 今回は、人類に最も身近な物質である「水」の不思議な状態変化を、体積と密度に注目しながら紹介します。水はとっても不思議な物質であり...
中1理科

【状態変化】物質の状態を決める、分子の振る舞い

その昔、ギリシャのデモクリトスは「全ての物質は、小さな粒からできている!」と主張し、当時の大哲学者アリストテレスの四元素説に反対しました。 彼の考えを『原子論』という それから2000年以上も信じられていなかった『...
中1理科

【データを読む】溶解度曲線に関する問題集

皆さんが理科(化学、物理など)を通して身につけるべき能力は、「データを読み解く力」です。世界で活躍するためには、ある結果と計算を記録したグラフや表から、たくさんのことを読み取る力が求められます。 理科を学べば、グラフや表など、データ...
中1理科

【化学者入門②】物質の純度を高める『再結晶』の技術

化学とは、 この世のあらゆる物質の性質を、詳しく研究するそれらを組み合わせ、驚くべき新物質を生み出す といった、魔法使いのような学問です。金(ゴールド)や不老不死の薬を作り出そうとした錬金術師の研究が今も役に立っているのは、そ...
中1理科

『溶解度曲線』を通して、科学の方法論を学ぶ

優秀な人たちは、自分が疑問に思ったことを調査し、他人が分かりやすいようにまとめて発表します。今まで出てきた偉大な学者たちも、自分たちの発見を、誰もが理解できるような分かりやすい論文にまとめて発表しています。だからこそ、彼らの発見に高い価値...
中1理科

【応用編】質量%濃度を完全に操り、化学者の素質を磨け

水溶液の濃度を世界で統一した質量パーセント濃度と、その基本練習は終わりましたね。 シンプルなかけ算や割り算があるだけで簡単な質量パーセント濃度の計算。しかし、しっかりと状況を把握した上で、精密な考えをしなければ答えにたど...
中1理科

【基本編】科学者の基礎能力。質量パーセント濃度の計算

科学者たちは、質量パーセント濃度という基準をつくり、世界を発展させたことは学びましたよね。具体的にいえば、「この溶液が100gあったとき、溶質は何gあるのか?」を示す指標です。 実はこのパーセント(%)、あまりにも便利な...
中1理科

【質量パーセント濃度】基準を統一する科学者たち

水溶液には、溶質と溶媒があります。 溶媒が水であれば、水溶液とよぶ。溶媒がエタノールなど、他の物質の場合もある 例えば同じ食塩水(塩化ナトリウム水溶液)でも、濃い(辛い)食塩水や薄い食塩水がありますよね。もちろん、塩酸(塩化水...
中1理科

【化学者入門】純粋な物質を取り出す『ろ過』の仕組みを学ぶ

空気の中から窒素を取り出し肥料にしたり、鉱石から純粋な金属を取り出したり、原油からナフサを取り出しプラスチックを作り出したり、病気に効く薬を調合したり。物質であふれる世の中から、自分のほしい物質だけを取り出したり、新しいものを作り出すのが...
タイトルとURLをコピーしました