物質のすがた

身の回りの物質とその性質、気体の発生と性質を学びます

中1理科

【中学理科】気体の性質まとめ

今まで学んできた気体は、 二酸化炭素水素酸素窒素アンモニア塩素 などいろいろな気体が出てきて、とてもややこしいです。なのでこの回で簡単にまとめていきます。ついでにもう一つ、よく出てくる気体の塩化水素もサラリと学べるようにしてお...
中1理科

5000人を一瞬で殺した化学兵器【塩素】。 偉大な錬金術師とその妻の自殺

18世紀(1700年代)は、錬金術師(化学者)たちが「空気」に関する新発見を次々と成し遂げた、化学史にとって革命的な時代となりました。例えば、たった20年のうちに、 二酸化炭素水素窒素、酸素 などが発見され、20世紀初頭にはそ...
中1理科

【アンモニア】空気でパンを作れ!人類を救った気体錬金術

ブラックが二酸化炭素を発見してから立て続けに、化学者(錬金術師)たちは水素と酸素も発見しました。この18世紀、新気体の大発見時代のおかげで、化学者は固体や液体だけでなく、気体にまで研究対象を広げることになりました。 『錬金術師、気体...
中1理科

シェーレとプリーストリ。2人の化学者の『酸素』発見物語

ブラックとキャヴェンディッシュという化学者が『二酸化炭素』と『水素』を発見し、人類の空気への理解を大きく発展させました。 さて、次に発見されるのは『酸素』です。酸素の発見には数人の化学者が関わっています。今回...
中1理科

“燃える空気”『水素』が引き起こした悲惨な死亡事故

人類が初めて発見した気体は、1754年にブラックが発見した固定空気、すなわち二酸化炭素です。 ブラックの功績はたくさんの化学者に影響を与え、「二酸化炭素の他に、どんな空気(気体)があるのだろう?」という研究が進むことになりま...
中1理科

「固定空気は空気ではない!」二酸化炭素から始まる化学の新時代

夢のような「固体」「液体」を追い求め、人類の進歩に貢献してきた錬金術師。しかしそんな彼らも2000年以上、「気体」に関しては知識が深くありませんでした。なぜなら、古代ギリシャの大哲学者アリストテレスが『四元素説』を唱え、空気はそれ以上分割...
中1理科

錬金術師、気体と出会う。アリストテレスを克服した18世紀

地球には空気があるからこそ、私たちは生きていけます。空気がない宇宙は、真空状態です。宇宙から見ると、地球の空気がよく見えます。身の回りでなく、地球や宇宙規模で考える空気をあえて大気(たいき)と呼ぶこともあります。 薄く青く見えるのが...
中1理科

密度のグラフを学び、騙されずに物質を見極める

資産運用のために金(ゴールド)を買ってみたとします。2020年11月現在では、金の価格は1g約7000円なので、1kgの金を買えば700万円です。 金1kg。2020年11月現在で約700万円 純金を700万円で1kg買ったと...
中1理科

密度の計算と、溺れないためにできること

大怪獣ガメラを通して密度を学んだので、いろいろなものの密度を計算してみましょう。最後には密度と水の関係を理解し、溺れて死なないためにできることを学びます。 🧮 密度の計算 以下にて、密度を求める式を復習。 ...
中1理科

密度(g/cm³)を学び、大怪獣ガメラのぽわぽわ感を味わえ!

1965年、日本では伝説の怪獣、大怪獣ガメラが暴れまわっていました。 KADOKAWA ガメラは亀が巨大化したような怪獣で、大きな船を沈めるだけでなく、東京タワーまで破壊してしまうパワーを持っています。「ゴジラのような恐ろしい...
タイトルとURLをコピーしました