物質のすがた

身の回りの物質とその性質、気体の発生と性質を学びます

中1理科

【中学理科】気体の性質まとめ

今まで学んできた気体は、 二酸化炭素水素酸素窒素アンモニア塩素 などいろいろな気体が出てきて、とてもややこしいです。なのでこの回で簡単にまとめていきます。ついでにもう一つ、よく出てくる気体の塩化水素もサラリと学べるようにしてお...
中1理科

殺人兵器『塩素』の発見/開発と、ハーバー妻の自殺

1700年代は、数々の気体が発見された、化学として革命的な時期となりました。 それぞれに面白いエピソードがあり、化学を学ぶことにワクワクさせてくれます。しかし一方で、ちょっぴり悲しいエ...
中1理科

【アンモニア】空気でパンを作れ!人類を救った化学者の錬金術

化学者とは、現代の魔法使い、錬金術師です。日々の研究の末に、気体液体個体を問わず、宇宙にある様々な物質を発見、分離、合成し、人類の望む通りの物質を自由に作り上げてきたからです。 今回も、素晴らしい魔法で人類を救った錬金術師(...
中1理科

『酸素』を発見したのは誰だ!?「発見」とは、科学者の共同作業

ブラックとキャヴェンディッシュという化学者が『二酸化炭素』と『水素』を発見し、人類の空気への理解を大きく発展させました。 さて、次に発見されるのは『酸素』です。酸素の発見には数人の化学者が関わっています。今回...
中1理科

人間嫌いの科学者が発見した、燃える空気『水素』

人類が初めて発見した気体は二酸化炭素であるとされています。 二酸化炭素は、1754年にイギリスのブラックが発見しました。発見当初は、「この気体は、石灰石に固定されている」と考えられていたので、これは固定空気と名付けられていま...
中1理科

二酸化炭素の発見!ブラックが解き明かした「固定空気」の謎

空気は人間にとって不可欠なものですが、「空気がどんな気体からできているのか?」が発見されたのはほんの300年前にすぎません。 それまで何千年にわたって人類は、空気は空気であり、まさか「二酸化炭素」や「酸素」などからできている...
中1理科

空気って何からできてるの?地球を満たす気体について

とてもありがたいことに、地球は空気で満ち溢れています。地球の周りを、分厚い大気が覆っています。 地球を覆っている大気の層 大気が地球を覆っているおかげで、私たちは生きています。空気なくして、動物や植物は生きていくことができませ...
中1理科

【密度】のグラフを利用すれば、物質の性質がよく分かる

それぞれの物質には、それぞれの密度があります。例えば純粋な金の密度は 約19.32 g/cm³ ですが、それはどこの純金であろうと変わりません。それが純粋な金ならば、密度は必ず 19.32 g/cm³ なのです(多少の誤差は出る)。つまり...
中1理科

いろいろな物質の、たのしい【密度】の計算

密度とは、一定体積あたりの質量のことでした。 今回はいろいろな物質の密度を計算していきます。 密度の計算 以下にて、密度を求める式を復習しましょう。 質量(g)を体積(cm³)で割ることで密度を...
中1理科

【密度】浮かぶ物質、沈む物質

アルキメデスの原理を覚えていますか?水に入った物質は、そのおしのけた水の重さだけ、浮力を受けることができます。 水中では、全ての物質に浮力が働いています。しかし、沈む物質もあれば、浮かぶ物質もあります。例えば丸太...
タイトルとURLをコピーしました